JavaScript が有効になっている必要があります。このブラウザでは、JavaScript が無効になっているか、サポートされていないようです。標準 HTML 形式を使用するには、ブラウザのオプションを変更して JavaScript を有効にし、もう一度お試しください。

ホーム

機密文書処理代行サービス

焼却しない紙資源のリサイクル
scroll
機密文書の処分に、お困りではありませんか?
契約書、顧客台帳、経営計画書、図面、設計書、給与台帳、マイナンバー、決算書、仕入先情報、クレーム情報、人事評価資料、社内システム情報…などの処分にお困りではありませんか?
また、ファイルやクリップを使用しているため、分別・処分に時間や手間もかかり、多くのコスト(人件費)が発生しています。加えて確実に処分できているのか、不安材料も残ったままです。
セキュリティの不安を払拭し、機密文書を安全・安心に廃棄します!
このような問題にピッタリ!
安全に書類破棄したい
安全に書類破棄したい
すぐ袋がいっぱいに…
すぐ袋がいっぱいに…
一度に処分したい
一度に処分したい
シュレッダーが追い付かない
シュレッダーが追い付かない
アナタにピッタリのコースを3つご用意
面倒なことはおまかせしたい方
スポット回収コース
回収・分別・破砕までの全てを行うサービス
機密性★★★☆☆
コスト★★★☆☆(重量制)
分別不要
くわしく見る
少しでも費用を抑えたい方
レンタルルームコース
シュレッダールームを貸出しお客様自身で破砕処理
機密性★★★★☆
コスト★★☆☆☆(時間制)
分別必要
くわしく見る
セキュリティを重視したい方
直接溶解コース
お預かりした機密文書を開封することなく製紙会社で溶解
機密性★★★★★
コスト★★★★☆(重量制)
分別必要
くわしく見る
お客様とのお約束(セキュリティ)
電子ドア
電子ドア
施設への出入口は電子ドア(暗証番号)による施錠で管理されており、第三者の立ち入りをシャットアウトしています。
防犯カメラ
防犯カメラ
3つの防犯カメラを設置し、機密事項の漏えい防止対策をしております。
当社が選ばれる理由
高性能大型シュレッター機完備
厚さ最大2cmまでの紙は一気に破砕可能。
資源を大切にして
地球環境を守りましょう。

1

機密文書処理に関わる事柄のすべてにおいて弊社社員が対応します。機密文書回収BOXは未開封で厳重に管理されたまま専用トラックで処理専門施設へ運搬されますので安心してお任せください。

万全のセキュリティ
当然ながら、
専用施設内に第三者は
立ち入ることはできません。

2

監視カメラで厳重にチェックされた環境下で作業し、且つ専用施設内に第三者が立ち入ることできません。この厳重なセキュリティの下、縦・横に裁断されるクロスカットによる文書処理を行いますので裁断物のセキュリティも守ります。

処理完了は24時間以内
情報抹消終了後、
機密情報抹消証明書を
発行しております。

3

処理工程を事前にスケジュール化し必要最小限の人数での作業を可能とし、回収完了後(施設への搬入から細断)までにかかる時間を最大24時間以内と定めております。細断後、プレスされた紙屑は製紙工場へ運ばれ、新たな商品へ生まれ変わります。

お困りの書類が、安全に処分できる!
決算書
顧客台帳
クレーム情報
設計書
経営計画書
契約書
図面
給与台帳
マイナンバー
仕入先情報
人事評価資料
社内システム情報
セキュリティの不安と責任から解き放たれよう
個人情報保護法が施行されてから、各企業が保有する機密文書や個人情報の取り扱いに重要かつ慎重な取扱いが求められています。マイナンバー制度も導入され、更なる情報管理強化が必要となりました。
安心・安全な「機密文書処理」を行う事で、お客様のセキュリティを確保するサポートをさせて頂きます。
限りある資源を大切に、弊社では焼却ではなくリサイクルを目的とした機密文書処理を行い、地球環境にやさしく、お客様のニーズに合わせた3コースをご用意しお客様にご提供致します。

お問い合わせ・ご相談

24時間受付中!! 入力項目はたったの3つ!当日及び翌営業日には必ずお返事します!
プライバシーポリシーに同意の上、送信下さいますようお願いします。携帯電話のアドレスを入力される場合は、ドメイン「amarc-kimitsu.com」から送られるメールを「受信許可」に設定してください。

    このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    荒川産業に問い合わせ
    お問い合わせいただきました内容は、弊社の掲げる個人情報保護方針に沿って管理し、お客様の同意なく第三者に開示・提供することはございません。詳細につきましては、当サイトの「プライバシーポリシー」をご参照ください。